酸化した油の摂取

自然界では様々な植物の種に多く含まれている「油(脂)」ですが、
最も酸化が進みやすい食物。過酸化脂質は一度溜まると自然には排出されず、
様々な問題の原因と考えられています。

トランス脂肪酸について

トランス脂肪酸は、水素添加によって製造されるマーガリン、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などにもトランス脂肪酸が含まれています。摂取量が多いと、血液中の悪玉コレステロールが増えて、一方、HDL善玉コレステロールが減ることが報告されています。日常的にトランス脂肪酸を多くとりすぎている場合、心臓病のリスクを高めることも示されています。

油の摂取を減らすべき理由

日本人の膵臓の機能は古くから油物を食べてきた国の人と比べて弱いようです。天ぷらや揚げ物が好きだという人は回数を減らすべきです。植物油であっても人工的に抽出した油を頻繁にとるのは体によくありません。また、油で調理したものは酸化が非常に早く、作ってから時間のたった揚げ物は過酸化脂質の塊のようなものです。わざわざ油を摂取しなくても、自然のままの形の食物を食べていれば食物に含まれる脂質から必要な不飽和脂肪酸をとることができます。油はどのようなものであっても、空気に触れればすぐに酸化を始めます。
ですから、できるだけ調理には油を使わない方がいいのです。

体に必要な油量は自然に摂れる

ビタミンAは「脂溶性」つまり油に溶けやすい性質を持っているので、油と一緒にとったほうが摂取量は上がるとされています。
でもちょっとの工夫で油を使って料理しなくても、大豆やごまなど脂肪分を有している食物をほんの少し一緒に食べるだけで充分に吸収することができます。人間に必要な油は穀物、豆類、ナッツや植物の種など自然の形を丸ごと食べていれば必要量は足ります。