Contact

別府紹介Introduction

明礬温泉で採取される湯の花は、200年以上も昔、江戸のお洒落な女性たちの憧れの商品でした。 そして現在も昔同様の製法でそれを生み出しているのが、藁葺き屋根の『湯の花小屋』。 「湯の里」では、なんとその「湯の花小屋」を模した家族風呂も楽しめちゃうんです。

別府八湯のひとつである鉄輪(かんなわ)は、別府市街と明礬温泉との中間にあり「別府の湯けむり・温泉地景観」として国の重要文化的景観にも選定されている、昔ながらの湯治の雰囲気を残す温泉街です。 日本夜景遺産地にも認定されている、鉄輪の町が一望できる「湯けむり展望台」。町全体からもうもうと湯けむりが上がる様はまさに圧巻ですね。ここからの景色を見れば、鉄輪が湯けむりの町であることが一目瞭然。日本の美しさと、地球が生きていることを実感できる場所です。様はまさに圧巻ですね。ここからの景色を見れば、鉄輪が湯けむりの町であることが一目瞭然。日本の美しさと、地球が生きていることを実感できる場所です。

別府市を囲むようにそびえる扇形の草原山「扇山」。 扇山の周辺にはゴルフ場や温泉地が点在しており、観光名所として人気です。 また春には扇山火祭りと呼ばれる、野焼きが開催されます。草原に燃え広がっていく炎が荘厳で美しいことから、多くの観光客が鑑賞に訪れます。

竹田かぼすの栽培は、江戸時代に大分県竹田市一帯を治めた岡藩が、風邪薬や生魚の鮮度の維持、防腐用に使う果実として、また、換金する物産として奨励したのが始まりと伝わっています。 竹田市では、昭和30年頃から本格的に栽培推進を行いました。 そして、昭和40年頃から大分県も栽培を奨励することになり、現在では竹田市と臼杵市が主要な生産地となっています。