酵素とは?

酵素を食べる・酵素を飲む 酵素が体に必要なものですが、年齢とともに減っていきます。
食物、飲み物から摂取し、病気をしないカラダ作りを行いましょう!!

新鮮な食べ物に含まれています

発酵食品には酵素が含まれますが、新鮮な食べ物には全て酵素が含まれています。ただ、食物の酵素は、流通している間に減少します。 酵素はビタミンやミネラルと結びついて一緒に働きます。サプリメントで摂取しても、必要な酵素が足りていないと、効果を発揮できないこともあります。

加熱調理に弱い

酵素の材料タンパク質は熱に弱いのが特徴です。酵素が耐えられる温度は一般に50度〜70度。つまり、もともと酵素が豊富な食品でも、加熱した食べ物には、酵素の働きはありません。

約5000種類にもなる酵素

新約5000種類にもなる酵素

体内で「生産」された酵素は、約5000種類と言われています。そして、5000種の仕事を受け持っています。つまり酵素は“代役”を許さないスペシャリストなのです。

現代人は酵素不足

新現代人は酵素不足

現代人は、食生活の乱れやストレスによって、酵素が不足しがち。加工食品やインスタント食品に頼りすぎることも新陳代謝の低下に繋がります。

毎日の食生活で酵素を補える?

新毎日の食生活で酵素を補える?

新鮮な食品、お刺身、味噌や納豆漬け物などの発酵食品に酵素は含まれますが、それだけでは酵素不足を解消できません。

ダイエット

ダイエットにも必要?

酵素は、ダイエットをするうえで重要な「消化する」働きや「新陳代謝を活発にする」働きを担っています。栄養のバランスを整えながらダイエットするには、酵素が不可欠です。